So-net無料ブログ作成
検索選択

ブログが書けない! [トホホ療養日記]

4月。長女は小学4年生に、次女は幼稚園の年中さんに、それぞれ進級しました。


そしていつの間にかゴールデンウィーク・・・でもわが家には関係なく灰色に感じます。次女は風邪をひいちゃったし。私も睡眠障害に陥ってしまい生活のリズムがメチャクチャで、もはや立て直す事が出来ません。

このところは頻繁に外出もしているし家の片付けも少しずつ出来るようになってきて、端から見れば元気そうな私ですが、本当はしんどくてたまりません。オーバーワーク?

ブログもね・・・毎日パソコンに向かうのですが、どうしても何も書く事が出来ませんでした。

強いストレスと慢性疲労で毎日がしんどいデス。

あり得ない事に、春の新ドラマも録画したまま大半は見ていないし(これは異常事態デス)。

マイペースな旦那さまには、私の異常な状態が上手く伝わりません。たくさん手伝ってくれてはいるのですけどね。うつ病は見た目では分かってもらえないのでツライです。

一番の大きなストレスは、今も闘病中のうちの母のことです。

先週から母はまた入院することになりました。両掌のシビレが一日中続き、足がもつれてまっすぐに歩けず、歩行困難になってしまいました。母は手の痛みで意気消沈し増々元気がありません。見た目も短い間に急激に老けました。病気になる前から比べると10キロも痩せちゃったし。

明け方が一番手の痛みが強いようで、「痛い、痛い」と言って毎朝泣いていたそうです。両親と同居している心優しい弟が、「オレ仕事行かなきゃならないのに、可哀想で見ていられない。」と言って何度か電話して来ました。

今のところこの症状は原因不明で、詳しい検査をする為の入院となりました。重症薬疹の原因となった医薬品も未だに特定されていません。薬疹もまだ治らないままです。

治療の過程で使った強いお薬の副作用や薬疹の合併症で、入院前は6つの科を外来受診していました。週に3、4回の頻繁な通院。その他にも名医との評判の整体師さんの所にも通っていました。実家から遠い場所に治療院があるので、付き添いの父も大変だったと思います。父も倒れないか心配でした。

妹はそろそろ生後3ヶ月の赤ちゃんを連れて実家に行き、掃除をしたり溜まった洗濯物を片付けたりしてくれています。免疫力の落ちている母は感染症感染が厳禁なので、実家の環境悪化を懸念してくれています。

私は少し前に弟とふたりで、セカンドオピニオンを求めて東京の病院に行ってきました。母が患っている薬疹について研究されているお医者様に治療のアドバイスをして頂く為でした。母の主治医の先生も賛成してくださって、すぐに資料を用意してくださいました。既に資料は届いたのですが、果たして参考になったのかなぁ・・・。

私だけでなく、家族はみんな母の病に振り回されて疲れています。

母が弱っている姿を見るのも辛いけれど、正直なところ、母の言動に苛立ちを覚える事もあります。

元々価値観が違う人というか、たぶん私にとって世の中で一番よく分からない人なので(苦笑)、励ましてはいるものの、コンニャロー!と腹立たしく思うこともしばしばあります。みんな母の事を想っているのにアドバイスを聞かないので。ホントにもう・・・困った人デス(ストレス倍増)。

それでもね、自分の親だから、また元気になって欲しい・・・切にそう思ってしまいます。

元気だった頃、旅行好きで、食い道楽で、ド演歌の歌謡ショーを見に行くのが好きで、気の合う仲間と連れ立ってしょっちゅう出掛けていた母に戻って欲しいです。

見通しでは長く掛かりそうですけどね。はぁ・・・。


nice!(20)  コメント(12) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。