So-net無料ブログ作成
検索選択

重症薬疹 [皮膚科の治療]

昨年、私の母が死に至った病は「重症薬疹」、つまり医薬品のアレルギーが始まりでした。花粉症や食物アレルギーもなかった人なのに、なぜ?という思いが今もあります。


重症薬疹というと、スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)や中毒性表皮壊死症(TEN)がありますが、母の病気は、あまり知られていない病名・・・「薬剤性過敏症症候群」という診断でした。略して「DIHS(ディース)」とも呼ばれます。詳しく説明すると難しいので、この重症薬疹について説明されているページのアドレスを記しておきます。


社団法人 日本皮膚学会 → http://www.dermatol.or.jp/qa/qa18/q03.html

難病情報センター「重症多形滲出性紅斑(急性期)」 → http://www.nanbyou.or.jp/entry/273


DIHSは、未だに皮膚科の専門医や薬剤師さんでさえも知らない方が多いようです。とても特異な病態の薬疹で、初期の段階で診断されるのは難しいそうです。何故なら「遅延性」つまり、医薬品の服用を始めてから何週間も経ってから症状が発現するのもその一因となっているようです。

また、原因となった医薬品の服用を止めても症状が悪化したり、他の医薬品にも過敏に反応して発疹が出たり発熱したりします。

ヒトヘルペス6型(HHV-6)という体内に潜伏感染しているウィルスが再活性化、つまり再び悪さを始め、サイトメガロウィルスなど他のウィルスまでも続いて再活性化を始めるという、非常に厄介な病気です。(HHV-6は、乳児期などにかかる突発性発疹の原因ウィルスです)。

古い記事には原因薬剤は限られている、と薬品名のリスト付きで記されていますが、実際はその限りではありません。母が服用していたお薬はそのリストには載っていませんでした。

この薬疹×ウィルスという病態は、今のところよく分からないことが多く、まさに奇病です。

私の母はこの病と、ステロイド剤を服用したりして1年余り闘いましたが。様々な合併症に見舞われ、極度に免疫力が低下し、最期は敗血症で亡くなりました。

病状が良くなる方もいるそうなので、助けてあげたかった・・・。

母も発疹や発熱、倦怠感などの症状が医薬品が原因だともっと早く気付いていれば・・・かかりつけの内科で分からず6週間もアレルゲンである医薬品の服用を続けてしまいました。相当体調は悪そうでしたが我慢してしまったのかな。大きな病院に紹介状を書いてもらった時にはすでに重症でした。

後悔先に立たず。もっと気遣ってあげれば良かったです。悔しい。

この記事を読んで下さった方へ・・・こんな症例もある、ということを心の片隅にでも置いておいてください。「知らなかった」ということで被害者にならない為に。重症薬疹の疑いがある場合は、原因の医薬品の服用を止めるか、大きな病院の皮膚科に相談することをお勧め致します。


nice!(20)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

残雪が山盛り [トホホ療養日記]

2月15日土曜日の朝は、なんじゃこりゃあ?と目を疑うほどの積雪でした。


ニュースでは陸の孤島と報道されていましたが、県内ニュースを見ていても、通行止めの高速道路や県道、電車も運休。

それでもコンビニスーパーは開いているお店がけっこうあったので、食べるものは旦那さまが歩いて買い出しに行ってくれました。買えたのはカップ麺やスナック菓子でしたが。

日曜日には、ご近所の人たちと総出で雪かきをして、日差しにも助けられて、車が通れる様になりました。私も頑張りましたヨ。

ご近所では車庫が雪の重みで壊れているお宅もありました。旦那さまにカーポートの雪下ろししてもらって良かったかも。

月曜日は旦那さまの会社も小学校、幼稚園はお休みでした。家族でまったり録画した映画を見たりして過ごしました。

その後は、何度も連絡網の電話が来て登校に関してや行事の延期などお知らせの嵐。頭がパニックに。まぁ、災害レベルの降雪量でしたので、致し方ないですね。

旦那さまは仕事が溜まってしまったので、当分は遅くまで残業。小学校は短縮日課で登下校に出来るだけ保護者が付き添っています。道路の雪は歩道に山積みなので、交通量の多い道は危ないです。車があまり通らない道を選んで歩いてます。幼稚園は当面、幼稚園バスの運行が無く自由登園(送り迎え)です。

県内のほぼ全域になだれ警報が出ているので、雪解けにも注意しなければ。通行止めが解除されつつあるので、生鮮品などの食べ物も徐々に入ってきている様です。昨日からコンビニでお弁当が買えました。

それにしても、こんな災害に見舞われるとは思いもよりませんでした。電気や水道が止まってしまった訳ではなかったので災害というほどの感覚はないのですけどね。

とは言え、まだ残雪が山盛りで強い不安感があり、家のことが手に付かなくて困っています。予定の変更をチェックしなければ、と気は焦るのに。

すべての雪解けはいつになるのやら・・・。


タグ:療養日記
nice!(14)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

大雪で雪かき [トホホ療養日記]

2月8日大雪。そして、2月14日はそれを上回る大雪でした。


県内は観測史上最大の積雪に見舞われ、一面雪景色と化しています。

わが家も旦那さまや近所の方々と雪かきしています。体力がないので、私はちょこっとですけど。

大変なのは寒冷地仕様でないカーポートの雪下ろし。壊れたら車も大変ですからね〜。旦那さまがとても頑張ってくれました。お疲れさまです。

何しろ1メートル以上の積雪。

まだ雪かきは続きそう。溶けてきた雪が屋根から落ちてくるのにも注意しなければ。ふぅ。

うちの窓からの景色の写真です。


ooyuki.jpg


タグ:療養日記
nice!(14)  コメント(7) 
共通テーマ:育児

続2014年冬のドラマ [トホホ療養日記]

まだまだ見ているドラマがあったりして・・・(恥照)。


三浦春馬さん主演のフジテレビ「僕のいた時間」。ALSという治療法のない難病を発症してしまった主人公。このドラマを見ていて、主人公が周囲の人たちに病気のことを打ち明ける場面で号泣してしまいました。ひとりでは抱えきれない重い運命。見ていて辛くなってしまいます。でも一番大切な人には知られたくない・・・そう思うのかな、彼の立場だったら。ドラマの最初の方には就活の厳しい現実も出てきますね。現実に就活うつで生命を絶ってしまう悲しい事例もあるそうなので、今の若者は大変です。

読売テレビ「慰謝料弁護士~あなたの涙、お金に変えましょう~」はココリコ田中直樹さん主演。離婚に関する法律のミニ知識なども出てきて為になるかも?慰謝料を取る過程のストーリーは面白いです。調査員役の渡辺直美さんも迫力満点。でもなかなか儲からない法律事務所デス。

主演の女優さんでハズレナシじゃないかな?というドラマは、観月ありささん主演のTBS「夜のせんせい」と、天海祐希さん主演のテレビ朝日「緊急取調室」ですかね。このおふたりが主演なら少なくともそこそこ面白いでしょう。

「夜のせんせい」は、高校の夜間部の担任教師となった夜野桜先生(観月ありささん)が、お節介をやいて生徒たちのプライベートがあらわになり、だんだんクラスがまとまって行くというありがちな流れです。ただ夜間部ということで、若者からお爺さんまでいろんな事情を持った生徒たちが集まっています。授業の場面は少ないのですが、単位は友達を助ければもらえそう。

「緊急取調室」は、刑事物ということで、やっぱりフジテレビの「BOSS」シリーズとイメージが被ってしまうような気が。容疑者をトークでボロが出るまで追いつめて行く駆け引きが似ています。違いは子どもがいて、旦那さんを殺した犯人を追っている、というところでしょうか。

フジテレビ「天誅~闇の仕置人~」も時代劇ではありませんがどこかで見たようなドラマですね。京本政樹さんも出演されていて、テレビ朝日の「仕事人」シリーズを思い起こしますよねー。そちらは東山さんが主演になってからジャニーズドラマと化していますが。戦国時代?からタイムスリップしてきた謎の女サナ(小野ゆりこさん)に、元締にあたる泉ピン子さんが「天誅!」と命を下すと、悪党たちが素早いアクションでやっつけられます。仕置き人の溜まり場は、グレーゾーン三ツ矢雄二さんがママの「天守閣」。

TBS「隠蔽捜査」は内容的には隠蔽させない捜査、のドラマです。正しいと信じたことを貫く変わり者のキャリア竜崎役に杉本哲太さん。降格して警察署の所長になってもその信念は変わらず、次第に部下たちの心をつかみ尊敬を集めて行きます。そんな竜崎に苦言を呈しながらも困ったときは手助けをする幼なじみに刑事部長役の古田新太さん。タイトルの印象より良いドラマです。

テレビ朝日「私の嫌いな探偵」は、玉木宏さんと剛力彩芽さんの共演。ギャグ満載ですが、笑うタイミングがよく分からない感じです。剛力さんのことを、ひよことか鳩顔という所にはちょっとクスッ。犯人が事件を起こした事情を話そうとすると、「オレ、聞かない派なんで。」と言ってさっさと帰ってしまう探偵。この辺が嫌いなところなのかなー?

テレビ朝日「ロストデイズ」は出演D-BOYSの瀬戸康史さんほか、男子は仮面ライダー関連の方たち?卒業旅行に友達の別荘に数日滞在している中で、事件が・・・なかなか起こりません。ジリジリとみんな疑心暗鬼になっていく展開。果たして誰が仲の良いグループを掻き回しているのか?

テレビ東京「なぞの転校生」は暗い雰囲気。転校生は宇宙人?だいぶ昔の作品のような気が・・・マニア向けかも。原作はSF作家の眉村卓さん。制作脚本は、岩井俊二さん。オープニングの映像がアートっぽい。

TBS「Dr.DMAT」はハンサムボーイ、関ジャニ∞の大倉忠義さん主演。ドラマの内容の割に緊迫感に欠けるような気が。それを人手不足というセリフで言い訳しているみたいでいまいち。急に暗転する演出も流れを止めてしまっている感があります。

余談ですが、大倉さんは以前も病院のドラマをやっていたような覚えがあったので調べてみたら、看護師役でした。東山紀之さん主演の「GM~踊れドクター~」。NHKで放送されたいた「総合診療医ドクターG」のように、病気の症状をホワイトボードに書き出して推理するドラマでした。共演に多部未華子さんや椎名桔平さん。

また長くなってしまった・・・スイマセン。





GM ~踊れドクター DVD-BOX

GM ~踊れドクター DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2011/01/04
  • メディア: DVD



タグ:テレビ
nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

2014年冬のドラマ [トホホ療養日記]

今回は殺伐とした刑事ドラマやシリアスな医療ドラマなど暗めの作品がラインナップ。これといって毎週楽しみにしているほどの連ドラはないのですが、ソチ五輪録画の為に容量を空けようと、録画したらすぐに見ていることが多いです。いつもなら録り溜めて、調子の良い時にまとめて見ることが多いのですけど。


1月始まりではないのですが、やっぱりテレビ朝日「相棒 Season12」はテッパンですね。安定して面白いです。Season11から登場した3代目相棒・成宮寛貴さんが予想以上にイイです!カッコいいし、仕事ができる相棒って感じですね。ただ、しょっちゅう大怪我をしているような気が・・・。

TBS「Sー最後の警官ー」は、向井理さん主演。パンチで凶悪な犯人をぶっ飛ばして逮捕するという破天荒な元プロボクサーの警官役です。SAT、SITの次の第三の「S」、NPSにスカウトされます。放送前から映画化が決定していた話題の作品。緊迫感があって、綾野剛さん演じるスナイパーも鋭い目つきが役にハマっていると思います。

フジテレビは人気シリーズの続編を投入してきましたねー。「チーム・バチスタ4螺鈿(らでん)迷宮」と「医龍4」。

「チーム・バチスタ4螺鈿迷宮」(関西テレビ)は、仲村トオルさんと伊藤淳史さんの白鳥&グッチーコンビが相変わらず迷コンビですが、彼らが潜入中?の病院にどんな事件があるのか、なかなか出て来なくて分かりません。予想は安楽死とか・・・?う〜ん、何だろう。

「医龍4」はかつてのチーム・ドラゴンのメンバーが集まってきて懐かしや。小池徹平さん演じる伊集院先生も立派になりましたね〜。医龍名物の浅田半裸 in 屋上のイメージトレーニングも健在です。しかし、専門用語が多くて難しいところもありますね。医学の進歩と共に難易度が上がっています。

シリアスな作品の中、フジの月9「失恋ショコラティエ」は華やか。失恋ショコラティエというよりも、妄想ショコラティエです。松本潤さん演じる颯太は、大好きな紗絵子さん(石原さとみさん)に捧げるショコラを作る為にチョコレート王子と呼ばれるほどの職人に成長。自分のお店を持っても、紗絵子が人妻になっても、妄想は止まらず。恋の駆け引きの為に他の女性と関係を持ったり・・・この男、一途なんだか軽いんだか理解出来ませーん。そのアホ加減を嵐の松本潤さんが絶妙に演じています。松本さんはTBS「花より男子」の道明寺のような難解な性格の役もお見事でした!

話題の日本テレビ「明日、ママがいない」は、問題視されて報道された部分もありましたが、現実はどうなんでしょうね。子どもを捨てる親はもっとひどいケースもあるのでは。子どもたちが呼び合っているあだ名が惨いですよね。それでも明るく強く助け合っている姿は生命力を感じます。子育てに向いていない人は世の中にいると思います。手放しても子どもたちが健やかに成長して行けるシステム、あるいは偏見のない世間はこの日本に実現出来るのでしょうか。変更もある様ですが、ドラマの続きが気になります。三上博史さんって久々に見たような。舌打ちは感じ悪くてイヤだな〜。流行らないで欲しい。

フジテレビ「福家警部補の挨拶」は、女性版「古畑任三郎」あるいは「刑事コロンボ」。最初に犯人が殺人を犯し、壇れいさん演じる福家警部補が小さな手掛かりをポラロイドで撮影していって犯人に突きつけながら、犯人が語るに落ちるところまで追い詰めて行きます。ミステリーとしては面白い方かな。

テレビ東京「三匹のおっさん」はけっこう好き。ご町内の身近な事件を北大路欣也さん演じるキヨ率いる3人組がやっつけるという痛快なお話。心の声が吹き出しになって出てきたり、雰囲気は明るい感じ。

最近は時代劇は有料チャンネルで見る時代になってしまいましたが、時代劇の大物スターが現代劇に進出してきていますね。「リーガル・ハイ」に水戸黄門ファミリーが出てきたりして。脇役でも存在感があってドラマが締まります。

日本テレビ「戦力外捜査官」は武井咲さん主演ですが、EXILEのTAKAHIROさんが出演されるとうことで楽しみにしていました。超イケメン・・・美文字のお習字も出てきます。他にも毎週パズルが出てきたり仕掛けがあります。「デカワンコ」の姉妹ドラマなのかな?音楽とか、警察犬の名前とか。子どもたちは、師範(関根勤さん)のちょっとズレた格言が好きです。

長くなりましたのでこの辺で。続く?


タグ:テレビ
nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

スキーデビュー [育児あれこれ]

もうすぐ冬季オリンピックinソチですね。モーグル好きな旦那さまは、冬季五輪の方が注目かも。


先週の土日は、パパと長女が八ヶ岳方面に泊まりがけでスキーにお出かけしました。長女にとってはスキーデビューでした。初心者コースを滑れてみたい。「リフトにも乗ったよ!」と大喜びでした。

長女は嬉しい出来事があると、帰ってきてから喋り通しになるので話を聞くのが大変でした(笑)。

パパも娘にスキーを教えるという念願が叶ってものすごく楽しかったみたい。ふたりとも目を輝かせて話していました。

パパは大腿骨を骨折後、完治したもののスキーに行く回数は減っています。でも、「また連れて行きたい」とか「来年は次女も連れて行こうかな」なんて、夢が広がっています。

彼は単純で分かりやすい人だからな・・・ソチオリンピックを見たらまたスキーに出掛けたくなるのだろうな〜。


nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。