So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

無理は禁物でした [双極性障害の治療]

記事「衝動、その後」の続きです。


躁状態全開で突っ走ってしまった2017年11月頃。

躁転のきっかけとなったと思われる時期です。あるいは元々双極性障害2型だったのかもしれませんが、だとしても悪化したと思われます。

動き回れるからといって、無理は禁物だな・・・ということを後になって思い知ることになりました。この頃は、誰に相談してもみんな忙しそうで、真剣に話を聞いて相談に乗ってくれない気がしていました。躁状態だとしても、自分で何とかしよう・・・そう考えていました。

判断力が著しく低下しているという自覚があったのに、自棄(やけ)になって、いろんなことに手を付けてはエネルギーがなくなり挫折する、ということを繰り返してしまいました。

特に収納の見直し。

押し入れや収納ケースの中の物を全部出して整理しようと思っても、全部出した時点でエネルギー切れ。壊れた充電池の私は、その続きをまたやればいいのに、別のところに手をつけてまた散らかる、ということを何箇所も行い、わが家の収納は崩壊しました。そのやりかけの崩壊した収納は、2年近く経った今でも解消できずにいます。

それから車で夜間の買い出しへ。日中は調子が悪いのでひたすら寝て、動けるようになる夕方から、遅くまで営業しているスーパーやショッピングモールをはしごして、日用品や寝具などを購入。そして、買ったものは片付けられず、しばらくは袋に入ったまま置きっ放しに。

さらに通販の多用。段ボールが積みあがるほど収納グッズなどいろいろ購入しました。開封できずにこちらもしばらく置きっ放し。物が増えてかえって片付けられない状況が悪化しました。

これらの買い物依存とも言える行動から、びっくりするような金額のカードの明細が届いたこともありました。(現在は逆に物が増えるのが恐ろしくて、買い控えしています。)

さらに深夜に、季節外れの寝具を洗いたくて、大型の洗濯乾燥機のあるコインランドリーへ。

コインランドリーは利用したことがなかったので、機械の使い方が全く分からず、店内にたまたま居合わせたマスクをした30代くらいのお姉さんに、「怪しいものではありません!使い方がさっぱり分からないので教えてください!」と懇願。

このお姉さんの教え方が的確で素晴らしかったです。大型の洗濯乾燥機で布団を何枚か洗って、持参した布団袋に入れて持ち帰ることができました。お礼に未使用の液体洗剤を1本差し上げました。

その後も何回かコインランドリーに行きましたが、家にたどり着く前にエネルギー切れ。コンビニの駐車場や自宅の駐車場で毛布をかけて、車中でひと眠りしてから家に入ったこともありました。

しかし、収納しても布団はまた季節が変われば使用するもの。子どもたちが勝手に出しては使用済みの布団を積み上げてそのまま放置です。

こんな生活をしばらく続けていたら、エネルギーが尽きてきたのと、収納の崩壊で家の中の均衡が完全に壊れ、唯一出来ていた洗濯も出来なくなってしまいました。今となっては、ごちゃごちゃとした家の中を眺めるたびに、なんて馬鹿だったんだろう・・・と後悔しきりです。

家をキレイに保つのって結構大変なんだな・・・と実感。出来ていないようで、意外と以前は頑張っていたんだなぁ、なんて思いました。

当時の私のことを、娘たちは「ママが怖かった」と証言しています。行動も異常でしたが、相当ピリピリしていたようです。後で聞いたのですが、ふたりとも学校の保健室にとどまって、主人や私の父が迎えに行ったこともあったそうです。

精神科には予約をキャンセルしてから行っていませんでした。

すでに「躁鬱の気が少し見られます」というようなことは言われていましたが、毎回「様子を見ましょう。次回は3週間後。」だったので、何となく行く気がしなかったのです。

しかし、主人の方にも呼び出しがあったみたいで「病院に来るように」と言われ、付き添われて行くことになったのでした。(つづく)


nice!(16)  コメント(7) 
共通テーマ:育児

プチサプライズ [育児あれこれ]

2学期が始まっても、残った夏休みの宿題(自由研究を模造紙に書く作業)に追われていた頃、小5の次女が誕生日を迎えました。11歳になりました。


私の誕生日の時にケーキを買って来てくれたので、お返しにプチサプライズ。

ケーキ屋さん(シャトレーゼ)でケーキを買って箱を冷蔵庫に入れておきました。

夕食後に「誕生日だからケーキ買って来たよ〜。」と箱を開ける私。でも中身は3個だけ。

「あれ?私のケーキは・・・?」と顔が曇る次女。

「ない、と見せかけて、こっちでした〜。」と冷蔵庫の別の引き出しから紙袋を取り出しました。中身は6個入りのカラフルなマカロン。次女は「ケーキよりマカロンが食べたい。」と言っていたので。

「あ!ママ寝ぼけてて聞いてないかと思ってた。ありがとう!」と大喜びしてくれました。そして、あっという間に平らげてしまった次女。

誕生日のプチサプライズ、成功でした〜。(^_^)v


余談ですが・・・

嵐がメインパーソナリティーの24時間テレビ、全録画したものの編集が終わりました(笑)。

大野智さんと双子の姉妹と狛江高校ダンス部の100人コラボダンス(アラジン智)がとても素敵で感激しました。踊っている皆さんの輝く笑顔と、大野さんの軽やかなステップに魅了されて、何度も何度もリピートして観ています。ルンルン♪

正直それほど期待していなかったので、嬉しいサプライズでした。


nice!(22)  コメント(17) 
共通テーマ:育児

初めてのお泊まり会 [育児あれこれ]

お盆休みの後半は、双方の実家でたくさんゴチになって胃が疲れたのかダラダラでした。


休みが明けて、月曜日からはパパは仕事へ。高1の長女はまだ夏休み中ですが、課外授業と部活(文化局)が始まり学校へ。私も朝のお弁当作りを再開しました。

小5の次女は、クラスメイトのお友だちのお家へお泊まり会にお呼ばれしました。

ひとりっ子の女の子で、日頃からよく土日に遊びに誘われてお邪魔しているお宅ですが、お泊まりさせていただくのは初めて。他のお友だちと2人でお世話になることに。

幼稚園のお泊まり会や、同い年のいとこがいる私の妹の家には泊まったことがありますが、お友だちのお宅は初めてなので「楽しみ〜。」と浮かれていました。

娘たちには小さい頃から、よそのお宅にお邪魔した時の心得を話していました。

●「お邪魔します」「お邪魔しました」の挨拶をする。
● 靴は揃える。
● 勝手に冷蔵庫や戸棚や引き出しを開けない。
● 勝手に2階に上がらない。
●トイレは「お手洗いをお借りしてもいいですか?」と伺う。
● おやつをいただいても食べ散らかさない。
● 帰りにはお片づけをする。
● 床や壁を汚さないように気をつける。
● 物を壊さない。
● 家庭のことは、余計なことは聞かない言わない。

・・・等々。あまり口うるさく言うと子どもの冒険心や好奇心を削いでしまうかもしれませんが、粗相をするとまたお家にあげてもらえなくなるかもしれないので、つい、口を出してしまいました。

うちではだらしのない次女ですが、これらの心得を守って、外ではお行儀良くしているそうです。

自宅では玄関に靴がひっくり返っているのに、「当たり前でしょ〜。ちゃんとやってるよ。」などと威張って申しておりました。外面はいいのね・・・。

お泊まり会から帰ってきた次女は「すごく楽しかった!」とか「ご飯めっちゃ美味しかった!」とかご機嫌でした。お友だちと楽しい時間を過ごせたようです。

うちではあまりレジャーに連れて行ってあげられないので、夏休みの思い出がまたひとつ増えて良かったです。

あとは宿題やってるのかな・・・。


nice!(24)  コメント(14) 
共通テーマ:育児

パパとキャンプへ [育児あれこれ]

パパはお盆休みに入りましたが、仕事が忙しかったみたいでお疲れ気味です。


子どもたちの夏休みに合わせて先月末からリフレッシュ休暇を6日取得したので、そのぶん仕事が溜まっていたのかな。

その6日間のリフレッシュ休暇は、前半3日間は庭の手入れに当ててくれました。伸びた枝切りや芝刈り、草取りなど伸び放題だった庭の草木が、きれいになってとてもサッパリしました。

そして後半の3日間は、子どもたちを連れて2泊3日のキャンプに出掛けました。行き先は富士急方面のキャンプ場。私はお留守番です。

富士急ハイランド」で次女の好きなアニメ&ゲームのコラボイベント(ガルパ!とかバンドリ!とか言うやつ)をやっていたので、連れて行ったら喜ぶだろうと考えたようです。

それから長女の好きな河口湖美術館で開催されていたロートレックの展覧会。あとは富士五湖の花火大会も見せたかったみたいです。

パパはアウトドアが大好きです。しかし、私が超インドア(引きこもりに近い)なので、今まではキャンプなど行きませんでした。

子どもたちがある程度大きくなってから、満を辞してキャンプ道具を徐々に買い集め、やっとキャンプに挑戦することができたようで、昨年も夏休みにキャンプに連れて行きました。

今年は天候が不順で、テントを張っている時に雨が降ってきたり大変だったみたいです。子どもたちによると「パパ、テンション高かったよ。」とか「普段ケチなのに高い肉買ってたよ」とか言っていました(笑)。

目的の富士急ハイランドのコラボイベントに行けて、次女はとても喜んでいました。みんな怖がりなので、絶叫マシンやお化け屋敷にはいかなかったみたいです。

長女はついでに寄った「久保田一竹美術館」の方が気に入ったらしく「すごい建物で、外国人の観光客が多かったよ〜。」という話を耳にタコができるほど聞かされました。

パパに「子どもたち喜んでてよかったじゃん。」と言うと、彼はちょっと自信なさげに「でも、イベントは喜んでいたけど、キャンプは楽しかったのかな?来年はひとりで行った方がいいかな?」と申しておりました。

キャンプ中の子どもたちのテンションは低かったみたいです(笑)。

そう言いながらも、きっと来年も張り切って、子どもたちを連れて行くんじゃないかな?

お留守番の私はというと、何もしませんでした。

以前ならみんながいない間に、掃除とか洗濯とか寝る間も惜しんで働きまくったのですが、そういうのは止めておきました。テレビを見たり、お昼寝したり、いつも通りのんびり過ごしました。

体調も今ひとつでしたし、疲れちゃうので。(^_^;)


nice!(24)  コメント(13) 
共通テーマ:育児

誕生日に涙 [トホホ療養日記]

夏生まれの私と娘たち。過日、私と長女は今年の誕生日を迎え、またひとつ歳をとりました。


長女は16歳になりました。読書に夢中で、図書館や美術館が大好きな子です。もう16歳なんて感慨深いです。

私は・・・まぁアラフィフです(笑)。誕生日に日付が変わると、こんな歳になっても何やってんだろう、と涙が出ました。気晴らしにヘッドフォンをして音楽を聴きながら眠りました。

翌朝ゆっくりめに起きると、10歳の次女がすっ飛んで来て抱きついて、ヘッドフォンをずらしながら「ママ、お誕生日おめでとう!ママ大好き!」と言ってプレゼントをくれました。

ひとつぶんが入るケーキの箱?開けてみるとシンプルなチーズケーキでした。

「これどうしたの?」と聞くと、「朝イチで自転車に乗って買いに行って来た。」と次女。

なんでもケーキ屋さんについたのは8時半。ケーキ屋さんの開店時間は9時(笑)。30分お店の前をウロウロして、自分のお小遣いからやっと買ってきたそうです。

頑張って買って来てくれたチーズケーキは、すぐに美味しくいただきました。

「私の人生の中で一番美味しいチーズケーキだったよ。」と言うと、次女は大喜びでした。それから、手作りのチャームもくれました。心が込もったプレゼントに嬉し涙が出ました。

charm.jpg

パパと長女からは、長女が選んだ書籍をいただきました。清川あさみさんの作品が挿絵に使われている『銀河鉄道の夜』です。私が以前「いいな〜。」と言ったのを覚えていたみたいです。

gingatestudou.jpg

午後には弟がハーゲンダッツのアイスクリームをたくさん買って来てくれました。アイスミルクもラクトアイスも美味しいけれど、アイスクリームは贅沢気分という旨味も味わえて感謝感謝です(姉はケチだから買わないだろう、と思われているに違いありません)。

みんなにお祝いされて、今年の誕生日は幸せいっぱいでした。泣けました。

家事などほとんどできないダメ嫁ダメ母ですが、家族は「ママはいてくれるだけでいい。生きてるだけでいい。」と言ってくれます。何もできないのは本意ではありませんが・・・とても家族の愛情を感じました。

長女の誕生日は、プレゼントのリクエストはいつものシルバニアファミリー・・・ではなく、今年はお気に入りの本や読みたい本ばかりでした。

シルバニア愛は変わらないようですが、ちょっと大人になったのかな。





銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜

  • 作者: 宮沢 賢治
  • 出版社/メーカー: リトル・モア
  • 発売日: 2009/11/26
  • メディア: ハードカバー


nice!(20)  コメント(17) 
共通テーマ:育児
前の5件 | -